day of meirinsya architect                                                                                                                                                                          

ツイタチビル

e0229059_17060468.jpg

おはようございます。
今年は雪も少なく過ごしやすい大野市。心配していたスキー場も先日の寒波のおかげでたくさんの雪が降り無事オープン。子供たちはスキーにソリ、雪だるま作りと冬の大野をうまく遊び倒しています。昨日は首を長くして待っていた渓流釣りの解禁日、大人も負けじと遊ばなければ。

さてさて、昨年末から模索していたビルの再生プロジェクトがいよいよ動き出します。これまでも大野人らしくゆるくゆる~く進んできた計画。けっして「まちづくり」なんて肩肘張らずにやりたいことのあるメンバーが自分自身と少しだけ周りの仲間や家族のために楽しみながら新しい場所を作っていきます。地域にとって必要な学びの場を作ろうとするグループ。発酵の町越前大野に新たな発酵産業を作りたいメンバー。フェアトレードで世界とつながりたいグループ。レンタサイクルの仕組みを作りたいメンバー。誰もが妄想をカタチにできる場所です。もちろん作っていく過程を見ていただくことも、参加していただくことも大歓迎です。
まず2月7日(日)午前8:00より、(仮)ツイタチビルにて、建物(ビル)への今ま...での「感謝と労い」。これからの「お願いします」をだいもんてつじ(善導寺)が仏事にて執り行います。これから生まれ変わるビルの現状も少し見られます。気持ちばかりの温かい振る舞いもあるとか、あるとか。早朝からではありますがみなさんの参加をお待ちしています。

そうそう、土曜日曜は僕の一番好きなイベント「越前大野冬物語」土曜の夜には澄み切った冬空に花火が打ち上げられます。こちらもあわせてよろしくお願いします。


# by meirinsya | 2016-02-02 17:01 | ツイタチビル

20151231


e0229059_11244367.jpg
2015年も今日で終わり。サヨナラ2015。
今年も多くの人との出会いがあり、話をして影響受けたり脳ミソ発酵させたり、お仕事させていただいたり、プロジェクト絡ませていただいたりして、とても充実した一年間を過ごすことができた。春に新築住宅2棟の引渡しが無事に終わり、春夏で美容室やカフェ。ケーキ屋さんにも少しだけ絡ませていただいた。和泉村の道の駅の店舗改修の工事もさせていただいた。いつもとちょっと違うやり方で素敵な出会いもあり嬉しかったな。夏の計画期を経て、秋には1棟、そして12月初旬にもう1棟の建前が終わった。春になったらお引越し。楽しみ。夏から急遽入った古民家のリノベーションが年末に終わりを迎え、施主自らタイルを貼ったり塗装をしている。仕上がりが楽しみ。昨年から合流しているFLATでは、春に北九州。夏にはなんとポートランドへの旅にでた。この旅では本当に多くの刺激を受けて、これからの街のあり方を考えさせられる、というか街のことをもっともっと考えたい!と思うようになった。自分たちの力でできる限り良い方向に進ませたいな。そうそう、お盆には大野の酒蔵4軒巻き込んでの地酒BARを1日限定でオープンさせる事ができた!場所は事務所の向かいの昨年閉店したかどや書店。お店の元スタッフの方がすごく協力してくれた。また是非やってくれ!と言われてすごく嬉しかった。昨年の大野人カフェ@黒原書店をTURNS(雑誌)が拾ってくれて、全国誌デビューを果たした。なんと写真のチカラで表紙のセンターを飾った。笑。

そして、僕は41才になり、会社は1才の誕生日を終えた。10月に会社の初の決算が終わり、無事?すこーしだけ黒字で着地した。正直、少しくらいの黒字なんて節税でどうにでもなるのだが、黒字で終わらせることに少しだけこだわった、法人税はかかったけど。法人税って国と県と市と3箇所から来るんやね。そんなことも知らずに法人化してしまった。社会保険料やら厚生年金やら雇用保険やらなんやらかんやら。いまさらやけどすべての社長をリスペクト!そしてそして、まだ決定ではないけど、とても優しい大野愛にあふれたビルオーナー様の力を借りて、明倫舎建築事務所、ビルまるごと1棟借りる計画がスタートするとかするとか!いつもの愉快なメンバーであれやこれや妄想している。笑 何かしたいけど場所がない!とかお店したい!とか起業したい!とか冷やかしとか大歓迎なので、そっとメールかメッセージください。これもオフレコやけど、新年一発目の福○新聞にその妄想が少しだけ溢れ出るかもなので、元旦要チェック!!

今年も多くの方々の支えで、なんとかお仕事させていただけました。ありがとうございます。僕が携わることで少しでも得があれば良いなと思っています。来年もよろしくおねがいいたします。                             







# by meirinsya | 2015-12-31 12:55 | day

20150709~20150714


e0229059_13251310.jpg

<お知らせ>
2015年7月9日~7月14日まで海外出張に行って来ます。
行き先はアメリカ・オレゴン州のポートランドです。
そのため、誠に勝手ではございますが、7/9~7/14まで臨時休業とさせていただきます。
業務再開は7/15を予定しています。
この期間中、電話での対応は致しかねますが、FBメッセージやLINEでの連絡は可能です。対応が遅れる事が予想されますが、急な連絡はSNSにてお願いします。ご迷惑ををおかけし誠に申し訳ございませんが、何卒よろしくお願いいたします。

業務で忙しい最中の海外、そして会社とはいえ自腹での出張で、職人さん・お客さんへのご迷惑や会社経営的にも不安はありますが、今世界が注目するポートランドのライフスタイル、DIYの環境、個性的な店舗建築等を直接目で見て感じることで、今後の建築や大野のまちに少しでも活かすことができるのではないかと、思い切って決意しました。そして共に行くメンバーもとてもクリエイティブな方ばかりで、そこからもたくさんの事を吸収し、今後に繋がるような勉強をしてきたいと思います。

(ポートランド)
人口約60万人、アメリカ国内では29番目。
横浜市より小さいくらいの広さ。車で20分も走れば、もう大自然。
NYやLAと比べると大都市とは言えないポートランド。
しかし、いま世界中から大注目を浴びている都市です。

手の届く距離に必要な物があり、自然にも癒される
通常の半分の広さでつくられた街区、たくさんのカフェ、
車を10分ほど走らせれば、有機栽培のワイナリーや山や川の大自然が残っています。

居心地の良さや、他の都市では感じることのない解放感や安心感
一度この都市を訪れるとその「ちょうど良さ」が気に入り、
リタイア後に永住地として引っ越してくる人も多いそうです。

晴れた日にはポートランドのシンボル、マウント・フッドが綺麗に見渡せます。

ポートランドには地元密着の企業が多く、そのほとんどがサステナビリティ(持続可能)に対して非常に高い意識を持っています。飲食店なら、食材の仕入れルートからナプキンなど備品の素材にいたるまで、徹底的にこだわります。

 ↑ はポートランドの説明の文ですが、少し変えたら大野市にもハマりそうですよね。笑

# by meirinsya | 2015-07-08 13:21 | news

20150410~12

e0229059_10525358.jpg

FLAT caravan 北九州リノベツアー
1日目
「井手商店」で角打ち
「鉄なべ」で北九グルメ
「秘密基地」で交流会
「資さん」で北九うどんとカツカレー
「TunneL」泊

2日目
門司港さんぽ
 老松公園-中央市場-栄町銀天街-関門渡船場-JRで小倉に移動
「cafe causa」でリノベ談義
小倉さんぽ
 MIKAGE 1881-三木屋-中屋興産ビル(メルカート3番街、ビッコロ3番街)
「cafe causa」でランチ
レンタカーで戸畑に移動
「若戸渡船」で若松に移動
若松ドライブ
 上野海運ビル-質協ビル-高塔山(展望台、音楽堂)-カフェ ダンジョン-恵比寿神社
「シーサイドスパ」で入浴
「TunneL」でパーティー・泊

3日目
「関門渡船」で唐戸に移動
「唐戸市場」で朝食
「赤間神宮」に参拝
「黒田征太郎さんアトリエ」を見学
「Brick Hall」でランチ
レンタカーで小倉に移動

# by meirinsya | 2015-04-26 10:19 | day

20150410

e0229059_910193.jpg

春やねぇ。 事務所の植物もそれぞれにすくすくと育ち、南京ナナカマドは小さな蕾を20個以上つけて過去最高の賑わい。苗代グミは各枝の先からうすい黄緑の新芽をつけ、もともとの深緑の葉っぱとのグラデーションがとてきれい。蔦系軍団は1日1日ぐんぐん勢力範囲を広げ、今一番生命力に溢れている。苗代グミをよしおちゃんのポットに移し替えたので、余った和草の鉢にコデマリを植えた。八重咲コデマリ。時期的に移し替えはして良いものなのかと迷ったが、2.3日くらい前からちゃんと新芽が出るのを確認できた。ホッ。

事務所で飼い始めたアカヒレはとても元気なのだが、2匹のうちの1匹が元気すぎて水換えの際に脱走してしまった。少し太めの多分メスの方。うすーく張った皿の水の中から勢いよくジャンプした。跳躍力推定24~26cm。そういえば昨年施工させていただいたおうちの、奥さんもアカヒレが脱走したと言っていた。もしかしたらアカヒレ飼育あるある?彼女を失ってしまったもう1匹のオスのアカヒレ(名前:ルイス)がすこし元気がなさそう。来週、ムサシでとびっきりのかわいこちゃんを探してきてあげよう。

そして、事務所は今から計画期に入ります。お待たせしてしまっているプロジェクトを2ヶ月くらい事務所にこもってあれやこれやします。そしてそして、今日は昨年から合流させてもらっている福井で1番ステキな集団(僕調べ)FLATのフラットキャラバンで北九州のリノベ-ション事例とかゲストハウスのオープニングパーティーに参加します。これでまた強烈に刺激を受けまくって、良いものを作れるようになって帰ってきますので、クライアントの皆さんしばしお待ちを。←そればっかやん。

そしてそしてそして、アカヒレのオスの名前がルイスというのが、脱走事件の後付けで、あの跳躍みたらひとりのレジェンドを思いだし、いなくなったメスのアカヒレにはレジェンドの称号と「カール」という名前を贈りました。なんの話や。で、いま心配なのは南京ナナカマドの満開がツアーの最中で見られないかもしれない問題。で、今、出発時間迫ってきてめっちゃ慌ててます。笑。不在者投票行かなあかんし。


e0229059_9144521.jpg

# by meirinsya | 2015-04-10 10:09 | day

20150314

e0229059_16123621.jpg

年始にたてた今年の目標をいとも簡単に破ってしまった。月2回のブログ更新。2月は1度も更新できなかった。とほほ。ってか、今年2月ってありましたっけ。笑。前回書いたリブレの話が、意外にみなさんに読まれたようでエキサイトブログの建築のカテゴリのランキングで、1位か2位か3位くらいに輝いた。毎日更新したりためになることを書いたり、ポチっと煽りしているブロガーの皆さんに、ほんとに申し訳なさでいっぱいです。ごめりんこ。

朝、すみれちゃんを保育園に連れて行くことが多くなった。今日はおとうさんと行く!と懇願されるのだ。少し離れた交通公園に車を止めると、自分で行けるで付いてこんといて。と僕を突き放す。見事なツンデレ嬢。100mほどの道のりを5歩位あとをついて玄関までいくと、ほら おねえちゃんになったろ とばかりに、いつも玄関バイバイ。どういう訳か、昨日は久しぶりに別れ際に泣いたのでしばらく抱っこしてた。スパッツの柄がちいさなきつねの模様だったのに気がついた。お兄ちゃんが3歳の頃、ふたりで行った王子動物園のフラミンゴの話をしたとき、すみれちゃんもフラミンゴが見たいといったので、今度ふたりで行こうねと言った。それから着ていく服や持っていくバックの支度を始めている。女の子はレディやね。

先日募集した(仮)明倫舎ガレージマーケットスタッフは、とても素敵な女性に興味をもっていただき、すんごくスローなペースで進んでいる。進んでいるというか広がっている。30坪の木造倉庫も合わせて何か楽しいプロジェクトに成長させたいなぁ。乞うご期待。

事務所は相変わらずのバタつきようで3月中に新築住宅2軒のお引渡しがあり、長々とかかってしまったカフェも昨日プレオープンを迎えた。新しい住宅や店舗のプロジェクトのお話もいただいているので、それらに集中するため4月からは計画期へと入ります。クライアントの皆さんしばしお待ちをm(_ _)mひとりでちいさくやっている明倫舎建築事務所、8月くらいまでは新しいお仕事の受注が出来ません。9月から消費税8%最終駆け込み大募集です。笑。

写真は和草(大野市)の植物と、ろくろ舎(河和田)のTimber pot。
僕らの中だけの姉妹都市 おおの×河和田のコラボレーション。
植え替えてみたらすんごく似合っていて、素敵で、売れそうなので数量限定で販売いたします。←うそです。

定価13800円 → 7800円(税込) 今ならなんと真鍮の針金5メーター分ついてます。

# by meirinsya | 2015-03-14 16:15 | day

20150128

e0229059_1744481.jpg

昨日、友人の撮った1枚の写真で僕の小さい頃の思い出や、青春時代の記憶が頭の中によみがえり、とてもとても寂しくなった。
「Livre解体の写真」
Livre(リブレ)というのは大野市のどまん中にある商業施設(鉄筋コンクリート造3階建て)で、僕が生まれた頃からある大野で唯一のショッピングセンターだった。当時はスカイモールというハイカラな名前で、1番古い記憶として思い出すのは、多分僕が小学校低学年くらいだった頃の思い出。母に連れられてスカイモールに行くと、決まって入口近くの8番ラーメンに弟とふたりで置いていかれ、母の買い物が終わるまでの間、入口に1番近いカウンターの端っこでふたりで中華そばを食べていた。外食をするような習慣の無かった家柄だったので、多分、月に1回かふた月に1回連れてきてもらうスカイモールは当時の僕にとって最高の場所だった。今でこそ福井市は毎日仕事で通うくらい身近な町だが、当時は「ピア」や「ベル」に連れて行ってもらうのは年に1、2回のお祭りのようなもので、何週間も前から「今度の日曜日はピアに行くんだ!」と鼻息荒かった。たまにミニ動物園的なモノが来ている時なんかに合わせて行ったクラスメイトは次の日の朝、全生徒に向け動物の種類や数や状況などを熱く語り、下々達はそれを一字一句聞き逃すまいと耳ダンボにして聞き入った。当時ピアはまさに夢の国だった。。。おっと、脱線。。。

中学に入る頃にはもうリブレだったのかな。自転車という文明の利器を手に入れ、行動範囲の広がった僕達だったが、校区外の町に出るのはとても勇気がいる行動で、町には不良たちが沢山いて田舎者の僕たちを見るやいなやカツアゲされると思っていたので、遊びに行くときは山か川に行ってたな。

高校時代はまさにリブレと共にあったといっても過言ではなく、毎日毎日、学校帰りはブックスカルチャーからのリブレのカムカムだった。カムカムでは180円のうどんに何回七味唐辛子を振りかけて完食出来るかを仲間達と競い、記録が50を超えたくらいのところで、とうとうおんちゃんに怒られて、その競技人生を終えた。その頃、日本昔話の「お尻を出した子一等賞~」をもじった替え歌でまさにこの競技のテーマソングだった「鼻血を出した子一等賞~」がヒットし、食べながらにして鼻血が出た子はレジェンドと呼ばれた。

カムカムの奥にはグリコアというハンバーガーショップみたいなお店が大野で一番都会的な店で、いつか彼女とグリコアでチーズバーガーセットを食べることが僕たちの憧れだった。言うならグリコアは僕らの代官山だったのだ。

高校時代は日本中がビーバップで、大野市にももれなくヤンキーが存在した。僕はカツアゲされた経験は無いのだが、カツアゲされたことのある友人は存在し、現場はやはりリブレだった。自動販売機でジュースを買おうとしたらカツアゲにあいポケットにあった500円玉を取られたが、大変のどが渇いていることを伝えると、取った500円でジュースをおごってくれたエピソードや、バス待ちででカツアゲされ1000円札を強奪されたが、わざわざバス代の460円だけ「お釣りやー」と返してくれた話などはボクら世代では有名。その頃から「結の故郷」というキャッチコピーにぴったりの町だった。当時はすす竹でカツ丼か、シンプリィーでスペカツスパがお気に入りやったなー。。。おっと、脱線。。。

この一時代を築いたリブレも取り壊されて無くなってしまうんやなーと思ったら寂しくて、せめてここに思い出を残してやろうと筆をとったのでした。おわり。

写真は大野市内の銭湯(東湯)。
当時はまだまだたくさんあったけど、今はもう3、4軒に。
大切な文化。使って残そう。


# by meirinsya | 2015-01-28 18:50 | day

20150121

e0229059_15501346.jpg

今年も仕事が始まって、さて新年の挨拶からと思ったのが1月5日。早くも2週間が過ぎ去った。実は12月30日にアップしている記事もアップし忘れて新年を迎えてからのアップ。トホホ。「良いお年を」って。笑。今年はも少し頻度を上げなくては、目指せ月2!!←目標低ぅ

さて、今年の正月は昨年の過ちを繰り返してはならぬと12月中旬から段取りしていて、年越しはいつも実家で迎えていたのですが諸事情により大晦日からフリー。妻の「ゆっくり紅白を最初から最後までみたい!」という希望を叶えるため三方五湖の民宿を予約し「ふぐコース」行ってきました。初めてのふぐ。なつおくんふぐが気に入ってめちゃくちゃ食べてました。てっさ?鍋も唐揚げもヒレ酒もふぐしゃぶもありました。次から次へと料理が出てきてとても全部は食べられませんでした。そして時間がおしたせいで紅白トリプルエーまで見逃しました。笑。それから部屋で今すみれちゃんのマイブームのUNOをひたすらしました。1日に豪雪の中、大野に帰ってきて、それからひたすら雪かき三昧となりました。おわり。

昨年の後半から今年始まってすぐまでに今まであまり接点の無かった、各界のトップランナー的な方々とお話する機会が多くあって、みんな同じ世代なんだけどめちゃくちゃかっこいい背中を見せてくれて刺激をうけまくっている。今あわら市の現場に行く時の1時間10~20分位の車内で、企画立ち上げから成功するまでのシナリオを妄想するのがマイブームで、頭の中で約7店舗の色んなお店成功させてます。うちの会社の良いところは成功させたお店に投資した分だけ回収できたら(2~3年で)、あとはお店を譲って独立してもらい、また次のお店に着手出来るので大野にお店がいっぱいできます。目指せ10店舗!←なにコレ?

そしてそして、今年も仕事のお話をたくさん頂いて嬉しいです。昨年は話を頂いてもタイミングが合わなかったり、ラジバンダリで(古ぅーるぅー)ご一緒出来なかったプロジェクトが何件かありました。今年はもう少し計画的にキャパ超えしないようにたくさん仕事をしたいです!
そしてそしてそして、今年は本気で遊べる求人します!

(追伸) 7月着工分にまだ若干の余裕があります。笑。


# by meirinsya | 2015-01-21 16:02 | day

20141230

良いお年を
e0229059_1542322.jpg

 本日で今年の仕事納め。午前中に現場をまわってお昼から大掃除をして余裕で納めようと思ったが、この1年を物語るかのようにバタついた。笑。若杉の家の引渡しを終え、続けて春に木本の家の工事完成からの引渡しから始まった1年。春日のリノベーションは工事期間が長くなり大変お待たせしてしまったが、施主のこだわりがぎゅーっと詰まった空間になった。おばあちゃんのおうち、再生できて良かった。5月には善心鍼灸整骨院が福井市板垣にオープン!同級生がUターンして起業するお店を任せてもらった。嬉し。モモンガコーヒーはまだ寒い頃から解体が始まり、4月終わりにプレオープン、5月中頃にオープンを迎えた。色んなところからモモコー話を聞くとこが多く、少しでも力になれたかなと自己満している。旧黒原書店を仲間達とリノベしたのも楽しかった。予算なんて全くないから、天井に布を張って電球をさげただけのリノベ。それだけでずいぶん格好良くなったな。大野人カフェには2日で200人位の来客があった。そして落語会、黒原マーケットと繋がったのがさらに良かった。会社にはなんとロゴマークができ、10月には会社が本当の会社(合同会社)になった。後半は約1年間待っていただいたリフォーム工事と、美容室の新装工事がなんとか終わりを迎え、現在はカフェの新規オープンと、職人さんから紹介いただいた2つの新築住宅工事が同時進行している。一緒に仕事をしている職人さん業者さんから仕事をいただけるというのは本当にありがたいことで、期待を裏切ることなく良いものをつくらなければ。今年も多くの方々の支えで、なんとかお仕事させていただけました。ありがとうございます。僕が携わることで少しでも得があれば良いなと思っています。来年もよろしくおねがいいたします。                            明倫舎建築事務所  川端慎哉

# by meirinsya | 2014-12-30 23:03 | atelier

20141220

e0229059_168177.jpg

12月16日に40歳になった。40・・・結構なパンチ力。
昨年のこの日に39歳は感謝(サンキュー)の年にと宣言し、それまでの「すみません」や「お世話になります」を「ありがとうございます」に変えた。いつだったか職人さんに「しんさん、コンビニのおばちゃんにもめっちゃ礼儀正しいっすね」と言われた時「あのおばちゃんが明日クライアントになっても失礼のないように接しているのさ」と答えた。半端ないプロ意識。笑

30代を振り返ると本当に10年で色々な事が変わった。29歳で結婚し家庭を築き始めたばかりの30歳。31と32歳は仕事と建築士の勉強だけをしてたな。3年経って長男が生まれ、その年に1級建築士をとった。次の年に1級大工技能士をとって、次の次の年に長女に恵まれた。その年に思い切って「えい!」っと「明倫舎アトリエ」(現・明倫舎建築事務所)をスタートさせ、39歳で法人化し「合同会社メイリンシャ」をつくった。これだけ書くとサクセスストーリーやけど、同じくらい苦労もしたな。試験なんてストレートで受かったことなんて一度もないし、子宝にもなかなか恵まれんかった。「えいっ!」っと独立したものの何も仕事のアテを持って出んかったから、最初は暇やったなー。笑。でも、今30代のスタートをきった若者にはこれだけは言いたい。「30代はさいこう!」10代も20代もよかったかもしれんけど、何十倍も何百倍も30代はさいこうだった。そして50歳の人に言ってもらいたい。「40になる若造よ、30代もよかったかもしれんが、40代はさいこうだぜ!」と。

そして、起承転結の「転」を迎えようとしているゴードー・カイシャー・メイリンシャー(ラップ調)は既存の建築事業に加え、新たな柱を模索中。若い世帯や移住希望者が少しでも大野市に定住してもらえるようなサポート事業。いつも一緒に脳内を耕作しているデザイナーとあれやこれやしている。そしてそして、この仕事で今までの仕事を疎かにできないので、建築好きでデザイン好きな若き才能を募集中!できれば~26.7歳程度で、建築経験があって、人好きで、大野市民もしくは大野市定住希望者で、小鳥好きなやわらかくて朗らかな感じの方募集です。 問い合わせ→ mail:meirinsya@live.jp

# by meirinsya | 2014-12-20 07:07 | day