day of meirinsya architect                                                                                                                                                                          

飛騨高山

建築士会東海北陸ブロック青年協議会に参加しました。
飛騨高山と大野市とは、お殿様繋がりで現在も交流のある町です。しかしながら一方は国際観光都市!この違いはなんだろうと考えると、黒川記章の事例を思い出しました。代表作ともいえる「国立新美術館」は福井市にある福井市美術館「アートラボフクイ」を基本モデルに作られたと聞いたことがあります。つまり前例を作りやすい環境があるんじゃないか・・・と。多少強引ですが(笑)

全国的にも人口減少は避けられない昨今、大野市はそういった意味では最先端の都市であり最先端の事例を逸早く作れる。というメリットを感じながら、高山との共通の文化であり現在取り組んでいる「朝市」の研究の必要性を改めて感じました。
e0229059_2235185.jpg

e0229059_225562.jpg

e0229059_22161549.jpg

<「偏心」に関する記事をアップした後の真夜中の震度4はかなりビビリました(汗)

by meirinsya | 2011-02-28 08:59 | atelier