day of meirinsya architect                                                                                                                                                                          

20140114

e0229059_17323227.jpg

先週の土曜日、講師をしている資格学校の合格祝賀会があった。
この1年、共に頑張ってきた生徒と合格の喜びを分かち合う日。受かる人がいればもちろん落ちる人もいるわけで、毎年毎年講師としての自分自身の満足感のようなものは無く、もう少しどうにか出来なかったかと反省する。土曜日のこの日だけが講師をしていて心から良かったと思い、その仕事が報われる日。会場は合格者ばかりで喜びに溢れ、みんなが次の目標を掲げ、やる気と自信に満ち溢れている。そして大体毎年この日に「よし、もう1年がんばろう」と、次期の講師契約を決意する。
でも今年はしない。「さよなら講師」。2008年から6年間続けてきたけどおしまい。すんごく良い仕事だったし、今でもほんとは結構未練があるのだが(w)次のステップへ。
思い返すと沢山の出会いがあり、その人の人生に少しだけ寄り添った。すんげー生意気な若者や、寝ずに図面書いてくる女子。お手並み拝見といった感じのおじさん。ほんと老若男女(笑)6年の間、夏の日曜日は学校だったので休日が取れず、7.8.9月はお盆休み以外にほとんど休めなかったな。
今となっては良い思い出。
最後の生徒ですごく熱心に授業を受けてくれたふたりの生徒が、歳が少し上の方と少し下の方だろうと思っていて、祝賀会の時に話してたら二人とも僕と同級生でした。めっちゃチカラもらった。

今年は継続してきた事をひとつ辞めた分だけ、これから継続していくことを始めなければ。

by meirinsya | 2014-01-14 18:37 | atelier