day of meirinsya architect                                                                                                                                                                          

20141220

e0229059_168177.jpg

12月16日に40歳になった。40・・・結構なパンチ力。
昨年のこの日に39歳は感謝(サンキュー)の年にと宣言し、それまでの「すみません」や「お世話になります」を「ありがとうございます」に変えた。いつだったか職人さんに「しんさん、コンビニのおばちゃんにもめっちゃ礼儀正しいっすね」と言われた時「あのおばちゃんが明日クライアントになっても失礼のないように接しているのさ」と答えた。半端ないプロ意識。笑

30代を振り返ると本当に10年で色々な事が変わった。29歳で結婚し家庭を築き始めたばかりの30歳。31と32歳は仕事と建築士の勉強だけをしてたな。3年経って長男が生まれ、その年に1級建築士をとった。次の年に1級大工技能士をとって、次の次の年に長女に恵まれた。その年に思い切って「えい!」っと「明倫舎アトリエ」(現・明倫舎建築事務所)をスタートさせ、39歳で法人化し「合同会社メイリンシャ」をつくった。これだけ書くとサクセスストーリーやけど、同じくらい苦労もしたな。試験なんてストレートで受かったことなんて一度もないし、子宝にもなかなか恵まれんかった。「えいっ!」っと独立したものの何も仕事のアテを持って出んかったから、最初は暇やったなー。笑。でも、今30代のスタートをきった若者にはこれだけは言いたい。「30代はさいこう!」10代も20代もよかったかもしれんけど、何十倍も何百倍も30代はさいこうだった。そして50歳の人に言ってもらいたい。「40になる若造よ、30代もよかったかもしれんが、40代はさいこうだぜ!」と。

そして、起承転結の「転」を迎えようとしているゴードー・カイシャー・メイリンシャー(ラップ調)は既存の建築事業に加え、新たな柱を模索中。若い世帯や移住希望者が少しでも大野市に定住してもらえるようなサポート事業。いつも一緒に脳内を耕作しているデザイナーとあれやこれやしている。そしてそして、この仕事で今までの仕事を疎かにできないので、建築好きでデザイン好きな若き才能を募集中!できれば~26.7歳程度で、建築経験があって、人好きで、大野市民もしくは大野市定住希望者で、小鳥好きなやわらかくて朗らかな感じの方募集です。 問い合わせ→ mail:meirinsya@live.jp

by meirinsya | 2014-12-20 07:07 | day