day of meirinsya architect                                                                                                                                                                          

カテゴリ:清和のリノベーション( 10 )

20121020

「清和のリノベーション」本日めでたく引越しです!

6月から始まったプロジェクトですが、当初の予定よりも少し遅れてのゴールインです。

今回も本当にこだわりのあるクライアントに感謝・感謝!!
新しい発見、初めてのメーカー毎日教えてもらうこといっぱいで
僕の引き出しがメチャメチャ増えたような気がしています。

施工中に「家族が増える」という素晴らしい出来事があり
幸せいっぱいの家庭の中に、このようなカタチで少しでもお力添えできたことは本当に嬉しかったです。

新しいおうちには人数分の部屋はありません。
大きなリビングとタタミのスペースでいつでも家族を感じながら、
そしておじいちゃん、おばあちゃんを丁度良い距離で感じながら上手に住み熟す事でしょう。

工事終盤は、施主自らの「漆喰塗り」や「建具の色決め」「家具の素材の選定」等
決定事項が多くてご迷惑をおかけしてしましました。。。

完全完工の前の引越しとなり、週明けも納品がありますが
とりあえず「ホッ」と一息。なんだかフワフワしています。


e0229059_18345431.jpg


(あっ、写真撮らなくちゃ。。。)
by meirinsya | 2012-10-20 18:57 | 清和のリノベーション

20121008

清和のリノベーションでは施主がセルフビルドでの漆喰塗りに奮闘中です!!

予算の削減が狙いのセルフビルドではありません。
仕事が終わってからや休日等を利用して、施主自身が愛情を込めて塗っていく
その過程を経ることで工事が完成したときには大きな達成感と愛着が感じられるはずです。

施主参加型の建築は当事務所のような小さな組織ではできても
ハウスメーカーや大きな会社では予算管理、工程管理等の面から難しいと思います。

当事務所はこれからも施主施工の機会を少しでも与え、共に造りあげる建築を目指します。


写真は「壁塗り材」と「下地材」のおもしろダジャレネーミングです。
e0229059_183050.jpg

by meirinsya | 2012-10-08 18:37 | 清和のリノベーション

20120928

2Fのリビング・子供部屋からアプローチする、ウッドデッキが完成しました。
節のあるヒノキの柱・子柱を使いナチュラルな雰囲気に仕上げたことで、林の中にいるような気分になります。香りが良いのもヒノキの利点ですね。
e0229059_1913486.jpg


手すりの高さは1200mm程度。
開放感を狙って低く設定することもありますが、前面道路からの視線や隣の建築物があまり見えないように今回は椅子に座った時に邪魔なものが映らない高さに設定。
視線を気にすることなく朝のコーヒーを満喫して欲しいものです。
e0229059_1914164.jpg

by meirinsya | 2012-09-28 19:26 | 清和のリノベーション

20120911

おおよそ大工工事も終わりこれから仕上げ工事とベランダ工事。
大工工事の材料加工がこんなにあったのはすごく久しぶりのような気がする。
建具はサンプルを取ったり作ったりしながら慎重に。
e0229059_8424838.jpg

今年みっつ目の「TOYOキッチン」は初めてのCOREシリーズ。
ローレットハンドルが格好良い。

「森田新町の家」と同じく壁は施主施工での漆喰塗の予定。
e0229059_11405510.jpg

by meirinsya | 2012-09-11 11:40 | 清和のリノベーション

20120812

今回の床材には「サクラ」の節アリを採用しました。
施主奥様の「自然に近いモノを」と言う想いから決定したのですが
これがすごく雰囲気が良くて気に入ってしまいました。

自然で無骨なパインとは全く違うイメージで
ご家族にとても似合う材料が選択できたのではないかと思います。
e0229059_17445344.jpg

必然に出来た子供室への「アプローチの段差処理」を利用した
高低差のあるワンフロアが面白い空間を創っています。
e0229059_1747529.jpg

やっぱり僕は「段差」が好きですww。

by meirinsya | 2012-08-12 23:44 | 清和のリノベーション

20120812

適材適所。
今回は3種類の断熱材を用いて断熱施工を施しました。

「既存鉄骨部壁+木造増築部壁」には発泡ウレタン系断熱材。
e0229059_1727739.jpg

「床」にはスタイロフォームを敷き込み。
e0229059_17272325.jpg

「天井」にはグラスウール100を天井全体を覆うように施工。
e0229059_1727292.jpg

エコポイントの予約審査も無事に終わり予約通知も届きました。
今回のリノベーションでは、2重サッシ等のエコポイントを合わせて満額30万ポイントを利用します。
東北復興エコポイントで東北の色々な商品との交換が可能ですが、30万ポイントとなると使い切るのが大変の様な気もしますが、少しでも復興のお手伝いになればと思います。

by meirinsya | 2012-08-12 23:23 | 清和のリノベーション

20120702

ちいさな子供室を増築。あとウッドテラスを増築。
既存の壁を抜いたら、景色がガラッと変わった。
おとなりは保育園、一層賑やかな歌声や笑い声が聞こえる。
e0229059_1261287.jpg

浄化槽→公共下水道への接続工事も進行中です。

by meirinsya | 2012-07-02 23:05 | 清和のリノベーション

20120623

増築部の構造材を造っています。
今回は自ら「墨付け」「手刻み」です。新築物件はプレカットが主流になってきましたが、せっかく技術を持っているのだから使いたいものです。

プレカット当たり前で育ってきている若い大工さんは、墨付けの機会を与えられず、
手刻みの楽しさを知らずに大工さんになってしまうのでしょう。

この作業が無いと仕事の技術云々よりも「木を見る」とか「木の目を読む」といった能力を育む作業が無くなるので、柱を天地逆に立てたり木表・木裏を逆に使ったりといったミスが生まれます。
意識がないのですから仕方のないことかもしれませんが。
時代の変化とはいえかわいそうです。。。

e0229059_11283590.jpg
e0229059_11281595.jpg
e0229059_11285755.jpg

現場ではスラブの上に断熱材が敷込まれフリーフロアでの床下地工事が進行中です。
e0229059_11283480.jpg

by meirinsya | 2012-06-23 06:28 | 清和のリノベーション

20120617

解体工事がようやく終わり、フリーフロアでの床の施工を前に新設のキッチン・トイレ等の先行配管の施工
e0229059_1628939.jpg

by meirinsya | 2012-06-17 23:27 | 清和のリノベーション

new project 「清和リノベーション」

6月より新しいプロジェクトが始まっています。

今回は鉄骨住宅のリノベーション。
用途は変わらず住宅なのですが、単に模様替えをするだけのリフォームとは違い
今まで使っていた空間をまっさらな状態から考え直し、新しい価値を生み出す為のリノベーションです。
e0229059_13194079.jpg
e0229059_13194824.jpg

鉄骨構造の良さを十分に生かし木造では出来ない空間を計画しています。

by meirinsya | 2012-06-07 22:22 | 清和のリノベーション