day of meirinsya architect                                                                                                                                                                          

カテゴリ:マチノワ文庫と黒猫リーヴル( 6 )

20130301

3月17日に行われた「マチノワワークショップ#1」の様子です。
pv制作はツイタチ空想室の長谷川和俊さんです!





e0229059_1814134.jpg
先日チラッとお伝えしていましたマチノワワークショップの内容が決定しましたのでお知らせいたします。
同時に市民の皆さんから思いのこもった「本」を提供していただける初めての日とさせていただきます。まだ未公開な部分が多くマチノワ文庫自体どんなものかよくわからない方がほとんどだと思いますので、お顔を見ながら説明させていただける良い機会でもあります。
ワークショップ不参加でもフラ~っとお立ち寄りください。



(はんことしおりをつくるワークショップ)

マチノワ文庫では、消しゴムはんこと、本のしおりを作るワークショップを開催します。

自分で削ってつくったはんこを押した時の感動はなんとも言えません。

和紙を好きな形にちぎって、自由な色で自由に彩ってください。


e0229059_18142363.jpg


日 時 : 3月17日 午後2:00~4:00
場 所 : cafe name came ono (ナマケモノカフェ)
住 所 : 大野市篠座町7-2
費 用 : 1000円(1drink+材料費込・小学生以下無料) 
定 員 : 限定7組様
主 催 : ツイタチ空想室
共 催 : cafe name came ono

*現在ワークショップの内容をわかりやすくまとめたPVを制作しております。
近日公開いたしますのでお楽しみに(v)

by meirinsya | 2013-03-01 06:13 | マチノワ文庫と黒猫リーヴル

20130224

e0229059_1533232.jpg

先日、春一番が吹いたかと思いきやまた冬の空が続きます。こんな日は外に出るのもおっくうになってしまいますね。「どうせなら暖かい南の島にでも逃避行してやる~」なんて妄想してみる川端です。さて篠座町にあるcafe name came ono (ナマケモノカフェ)オーナーの二見さんから面白い本をお借りしました。「12万円で世界を歩く」です。海外旅行はお金がかかるからと諦めていませんか。もちろん旅行会社やパックのツアーでの旅行は無理かもしれませんが、少し「考え方」と「やり方」を変えてみれば12万円でアジアはもちろんアメリカだってヨーロッパだって行けちゃうのです!この本には20カ国以上の国を訪れた旅行記が書かれています。この本を読んだあとに「バックパッカー」の二見さんに実際に旅行された時の話を聞いたらどんなに楽しいでしょう(w)是非皆さんもお店で手にとって読んでみてはいかがでしょうか。
そうそう、マチノワ文庫では市民の皆さんが気軽に本を提供したり、紹介したり出来る仕組みをつくります。近日公開できると思いますので期待していてください。また、本に少し関係のあるクラフトワークショップも計画中です。ゆっくりと進んでいく「マチノワ文庫」よろしくお願いします(v)

by meirinsya | 2013-02-24 23:32 | マチノワ文庫と黒猫リーヴル

20130128

e0229059_17264686.jpg

昨夜からふりはじめた雪がシンシンとふりつづいています。現在50センチくらいはつもったでしょか。こうなると仕事や家庭の除雪などで大忙しになります。雪のトラブルも少なくありません。納期が遅れたり。排雪の仕方でけんか・・・なんてことも。しかし我が大野市にはこんな言葉があります「春になると雪は溶けるけど、わだかまりは溶けない」。やがて自然に消えていく雪のせいにして「雪降るんやでどもならんなぁ」とぼちぼちいきましょ(w)さて、だらだらと続きますが今日の一冊は建築家青木淳さんの「原っぱと遊園地」です。ここに来たらこれで遊んでください!とすでに遊びが用意されている「遊園地」と、だだっ広いけど何もない、自分で考えて遊びをつくる「原っぱ」。建築の手法が書かれた本ですが、僕は子育てに置き換えて読んでいます。今の季節なら雪合戦をしたりかまくらをつくったりソリ滑りをしたり。厄介者の「ゆき」ですが原っぱにふれば遊びの道具に変わります!

<追記>
ラジオの取材を受けてしまった。。。キンチョー(;゚Д゚)!ワナワナ。。。
e0229059_1835159.jpg

by meirinsya | 2013-01-28 17:27 | マチノワ文庫と黒猫リーヴル

20130120


e0229059_9555576.jpg

先日はまちづくり福井さんが「タビスル文庫とイスワル文庫」をオープンしましたね。異業種の方々100人規模の団体の企画で福井県全域はもちろん日本全国を巻き込むようなプロジェクトに成長してほしいです。おなじ本をつかったプロジェクトで「おぶせまちじゅう図書館」というのも信州小布施市にあります。こちらは昨年の秋から始動していてArt director 長谷川と大野市で「こんなんできたら素敵やなぁ」と話していたマチノワ文庫のモデルです。さて、先日は6回目の会議をおこないました。ちいさな町の中で本をつかって人がつながる仕組みをもう一度考えました。本の背景にその人の顔、ひととなりがすこし見えるような仕組みをつくりたい!シェアすることで本を大切にする気持ちや本を紹介するよろこびを感じてもらうためのワークショップを企画したい!1年2年すぎても本が1冊もなくなったりしなかったら最高やな。とか妄想しすぎて炎上しました(w)今日の1冊は僕のおすすめ「ツリーハウスをつくる」です。子供の頃だれもがあこがれたツリーハウスがたくさん紹介されています。もちろんこの本もみんなで共有する予定です(u)ゆっくりゆっくりおおのじかんですすんでいます(w)

by meirinsya | 2013-01-22 09:56 | マチノワ文庫と黒猫リーヴル

20130109

e0229059_9534738.jpg

今日は5回目の会議です。今回は本につける「帯」のデザインをArt director 長谷川和俊を中心に意見をぶつけ合っています。3人ともプロジェクトに対する想いがあついので「やけど」は覚悟のうえです(v)なかなか決まらずに時間だけが過ぎますが、このやりとりがあって最終的に良いモノが出来ると信じてまた、ぶつけ合います!最後はみんながかばんにたくさんの宿題を抱えて帰りました(w)次は何かしら制作物をアップできると良いのですが。 — 場所: 明倫舎建築事務所

by meirinsya | 2013-01-09 22:52 | マチノワ文庫と黒猫リーヴル

new project 「マチノワ文庫と黒猫リーヴル」

「マチノワ文庫と黒猫リーヴル」 
e0229059_1039845.jpg


ちいさな町のちいさなお店のすみっこの本棚には
色とりどりの本があります
そしてその本たちはときどき自由な旅をします

その様子をこっそり見ているのが”黒猫リーヴル”です

いろんな人やお店からあつまってきた本たちには
持ち主の名前が書かれています
借りた人はそのお店にかえしてもいいし
なかまのお店にかえしてもいい

手から手へお店からお店へ
それが町じゅうにひろがってつながって"わ"になって

それが"マチノワ文庫"

お気に入りの本を見つけたらどうぞ手にとって
いっしょに自由な旅をしてください

でも本をかりるときは
黒猫リーヴルにそっと話しかけてね

「マチノワ文庫と黒猫リーヴル」物語
忘れかけていた風景を少し思いだすような
ストーリーがちいさなこの町からうまれます

by meirinsya | 2013-01-04 10:41 | マチノワ文庫と黒猫リーヴル