day of meirinsya architect                                                                                                                                                                          

カテゴリ:螢橋の家( 16 )

photo

螢橋のいえ

ご夫婦+将来の子供1~2人を想定した住宅です
延べ床面積住宅部36坪+ビルトインガレージ9.5坪
正面北側と東側には部屋を囲むように1間の縁側・デッキがあります
冬季の閉塞的にになりがちな環境を少しでも開放的にするため計画です

e0229059_12284320.jpg
e0229059_12284788.jpg
e0229059_1229248.jpg
e0229059_12293983.jpg
e0229059_12302259.jpg
e0229059_12304540.jpg
e0229059_12311265.jpg
e0229059_12313012.jpg
e0229059_1232197.jpg
e0229059_12323454.jpg
e0229059_12324790.jpg

by meirinsya | 2012-04-01 00:00 | 螢橋の家

20120309

大工工事、外壁工事の終了が目前です。
e0229059_12452864.jpg


塀の工事。
基礎屋さんに、一発でピカピカに光らせて!ってお願いしたら、「よし。わかった」って言って、新品の型枠を作ってきてくれました。そんな気持ちが嬉しかったです。
e0229059_12454387.jpg

by meirinsya | 2012-03-09 13:00 | 螢橋の家

20120301

「キシラデコール」いつも使っている外部の塗料ですが、今回は使ったことのない「シルバーグレイ」を採用。

少し風化したような落ち着きのある色合い。やはり柱もスギを使って良かったとも思わせてくれる。2回目の塗装は予定では「シルバーグレイ」ですが、この木目を消したくないのでクリアも考えないと。今日は朝から嬉しかった。
e0229059_16533778.jpg

by meirinsya | 2012-03-01 17:02 | 螢橋の家

20120227

ステンレス製のポスト口の庇のようなモノが届きました。間接照明を仕込んで玄関までのアプローチ灯の役割もします。オーダーメイドです。

イタリア製のWC手洗器も到着「MADE IN ITALY」これだけでも良さそうに見えますね。

窓回りのボード張りの納め。決して角のところではジョイントを付けません。クロスは窓回りの角が弱点になりここからひび割れが発生するケースが多いからです。ボードがソツになりますし手間だって掛かります。クロスで仕上げてしまえばわからなくなるところですが、見えなくなる所こそ注意が必要です。

窓回りもそうですが棚や木製鴨居等、見つけを薄くすることで軽いイメージに仕上げています。
e0229059_1411307.png

先日の会議ではオープンハウスが決定しました。近日お知らせできると思います。

by meirinsya | 2012-02-27 14:11 | 螢橋の家

20120222

下地がほぼ終わり、これから石膏ボード貼り。
ボードを貼る前のこの段階が格好よくて好きです。

無垢の巾木はキチンとボードに先行して付けられています。3分ノ2は隠れてしまいますし、上面も大きな面取りがしてあります。巾木の上にホコリが溜まるのがイヤ!と言う会話の中からのデザインです。

e0229059_832223.png

by meirinsya | 2012-02-22 08:33 | 螢橋の家

20120208

「螢橋のいえ」は雪の影響で外部工事が遅れています。。。連日1日の始まりが雪かきなので仕方ありません。内部は着々と進んでいますのでご安心を。

本日は「本箱の階段」か「階段な本箱」を造作しております。ロフトに上がるための梯子のようなものです。

e0229059_1685738.jpg

by meirinsya | 2012-02-08 16:15 | 螢橋の家

20120117

「螢橋のいえ」は一切シート貼り建材を使いません。
なので巾木も無垢の桧で僕が加工(カンナで仕上げて溝を掘る)します。
しかし・・・こんなにいい材料は発注してません!
和室に使うとびっきりの良材じゃないですか。。。
「四ム」とは4面に節が無いということ。「2ム」で良かったのに。

e0229059_2038285.jpg


でも、惜しげもなく「巾木」に使います!!

by meirinsya | 2012-01-17 20:51 | 螢橋の家

20111207

2011年12月7日水曜日大安

「螢橋のいえ」無事建前終了しました。終始小雨の降る中ではありましたが、お応援の大工さん9名レッカーオペレーターさん、施主さんのご協力のもとケガもトラブルもなく穏やかに作業は進みました。

唯一の失敗を挙げるなら、建前で集中することと、嬉しさのあまり写真を一枚も撮ってないことに「お疲れさん会」の時点で気付きました。。。施主さんが一眼で撮ってくれているのでお借りしたいです。。。

建前中は構造材等、施主お父様・隣家のお父様にこだわりを見抜かれお褒めいただきました。なかでもヒノキの芯持ちの垂木は応援に来た大工さんも感心していました。こっそりと自慢するでもなく良い材料を使うのは自己満足に近いですがそれが大工としてののこだわりなのかもしれません。

現場はようやく筋交いも入り丈夫な構造が現れてきています。

e0229059_9181294.jpg

by meirinsya | 2011-12-07 00:00 | 螢橋の家

20111204

充分な養生期間をおき強度の出た基礎に岐阜県からヒノキの土台が搬入されました。抗菌性が高く良い香りのする縁の下の力持ちをきれいに升形に組んでいきます。天気は曇で一人での作業でしたが久しぶりの現場作業にやっぱり現場でモノを実際に作り上げる作業が一番楽しく達成感があり、好きな事だと再認識させられました。
e0229059_19415257.jpg

基礎のレベルは±1mmで土台を据える際に1mmのパッキンで調整するのでこの状態ではほぼフラットです。
e0229059_1942449.jpg

とても良い基礎ができ7日の建前が待ち遠しいです。

by meirinsya | 2011-12-04 20:00 | 螢橋の家

20111124

天気に恵まれ基礎工事は順調に進み先日型枠が取れ肌が露出しました。

夏の打設時のようにひび割れを気にする事なくじっくり養生した基礎は、バイブレーターの加減も良かったのかジャンカのない良い肌をしていて安心しました。建前の日取りも予定通りに出来そうなので、それまでの約2週間でさらに強度を発揮して欲しいものです。
e0229059_10203427.jpg

e0229059_1021153.jpg

by meirinsya | 2011-11-24 10:37 | 螢橋の家