day of meirinsya architect                                                                                                                                                                          

カテゴリ:cafe chotto( 4 )

20121118

永平寺の古民家cafe chottoでは冬のランチが始まりました。

「温玉林ライス」です!!程よい酸味に食欲が弾けますw
ボリュームも結構ありますが、大食いの方は+100円で大盛りにできます。(写真は普通サイズ)
ドリンクもセットにするとお得になったりもするのでのんびりランチにいかがですか?

今から焼き菓子にも力を入れるそうです。ケーキセットも日替わり週替わりでイロイロと・・・
お持ち帰りも是非(゚∀゚)/~よろしくお願いしま~す。

e0229059_9262222.jpg

by meirinsya | 2012-11-18 23:21 | cafe chotto

photo

永平寺の古民家カフェ

cafe chotto
〒910-1212 福井県吉田郡永平寺町東古市9-36
           050-7520-2645
e0229059_17555757.jpg

e0229059_17455566.jpg
e0229059_1746419.jpg
e0229059_1746199.jpg
e0229059_17464510.jpg
e0229059_17465872.jpg
e0229059_17478100.jpg

by meirinsya | 2012-09-29 17:57 | cafe chotto

紅白

久しぶりに昨年施工したカフェを訪ねた。
オーナーのセンスが随所に感じられるとても良い空間になっていた。空間の使い方、飾り方は僕の手を離れたら使い手のモノ。僕は良いハコをつくる仕事だと再確認出来た。

e0229059_2024774.jpg

by meirinsya | 2012-01-16 20:23 | cafe chotto

永平寺カフェ


イサム・ノグチの「Akari」
極太の地松の梁から優しい光を放つ
はじめはその存在に圧倒されるが空間の中に身を置いたとき優しく包まれる感覚をおぼえる。
e0229059_8584832.jpg

軒先には季節の花々
夏は朝顔の仲間色々な種類・色が咲いていた
今はマリメッコ社の「ウニッコ」の様な大柄な花が咲いている。
ウニッコはケシの花がモチーフ
e0229059_859987.jpg

3・11後、この古民家に早急に福島からの受け入れを行い、
まだ寒かった被災者の「カラダ」と「ココロ」を暖めた囲炉裏の上には不死身の鯉が悠々と泳いでいる。
古民家の保存状態の事を考えると煙だしの無くなった囲炉裏で炭を焚けば
白くきれいに塗られた壁は煤けるがそのような思考など全くなかったのだろう
e0229059_8592148.jpg

新たに施工したカウンターや建具は、空間に溶け込むように、前からそこに設えていたかのように施工しました。
e0229059_8593240.jpg

ちょっと・ちょっとしか・・ちょっとだけ・・・・ちょっとでも・・・そんな思いが大きな何かのきっかけになるのではないでしょうか。
永平寺の御先祖様がが残してくれた古民家でひとりの女性がカフェを始めます。
えちぜん鉄道から京福バスへの乗り換えのターミナル付近の為、永平寺へ訪れる観光客の窓口になり、もちろん地域のコミュニティを生み、
古民家ならではの大空間で「アートイベント」や「トークイベント」等色々な可能性がある空間です。

by meirinsya | 2011-10-08 10:31 | cafe chotto