day of meirinsya architect                                                                                                                                                                          

<   2011年 11月 ( 10 )   > この月の画像一覧

紅葉 

辰口丘陵公園までお出かけ。久しぶりの休日を満喫しました。
スワンボートや4人乗りの自転車等の遊具もありますし何といっても落葉樹が多いので木々の色がとてもキレイです。

e0229059_15325832.jpg


More
by meirinsya | 2011-11-28 15:53 | day

20111124

天気に恵まれ基礎工事は順調に進み先日型枠が取れ肌が露出しました。

夏の打設時のようにひび割れを気にする事なくじっくり養生した基礎は、バイブレーターの加減も良かったのかジャンカのない良い肌をしていて安心しました。建前の日取りも予定通りに出来そうなので、それまでの約2週間でさらに強度を発揮して欲しいものです。
e0229059_10203427.jpg

e0229059_1021153.jpg

by meirinsya | 2011-11-24 10:37 | 螢橋の家

建築士会ワークショップ

福井県建築士会青年部の活動で大野市のショッピングセンターVIOにて「お菓子のいえストラップ作り」のワークショップをおこないました。

先日、ボランティア活動をおこなった「建築組合」とはまた違った組織で、建築組合は職人として、建築士会は家創りを計画する建築士としての立場で入っている団体です。同じ建築関係といっても違う視点で捉えるので会の内容も全く違います。

「お菓子のいえストラップ作り」には3才くらいから小学生までの子供たちが参加し、色々な家のカタチの台に生クリームを模したシリコンやチョコレートのトッピング、リボンなどを装飾してオリジナルのストラップを完成させていました。

中にはお母さんの方が夢中になっている姿もありました。
e0229059_1237366.jpg


e0229059_12375299.jpg

by meirinsya | 2011-11-21 12:58 | atelier

20111117

基礎から立ち上げ直接柱と接合するホールダウン金物。
15kn以上の引張力がかかる箇所に設置する。
強風や地震の時の基礎と木構造の分離(土台と柱)を防ぐ。

幾ら強い基礎であっても幾ら筋交いの入った頑丈な家であっても、土台から上がジャンプしたら崩壊してしまう。
ホールダウン金物の設置は僕の仕事。
適切な位置に適切な埋込み寸法でコンクリートの打設を待ちます。
e0229059_9372655.jpg

e0229059_9374045.jpg

北側の亀山も日に日に紅葉してきます。リビングから、2F縁側デッキから借景いたします。
e0229059_9375525.jpg

by meirinsya | 2011-11-17 17:54 | 螢橋の家

20111115

地盤調査に福井市森田地区まで行ってきました。
天気予報は全然当たらず僕にとってはありがたい午前中の晴れ間に先日と同じ表面波探査にて調査しました。

前面の堤防以外は遮るものが何もない南面。
冬は暖かくて良いけど夏の暑さへの配慮が必要になってきます。
e0229059_12244466.jpg

調査の結果はまだ出ませんが、良い波形が出ている様子。
今回も地盤改良工事無しでいければ良いのですが。。。

最近土地を購入するのも博打みたいなもので、調査して「表層改良です」ってなったら30万円とか「はい柱状改良です」ってなったらプラス50万~100万円とか地盤調査の結果次第でマネープランが大きく変わるので不動産売買の時点で「坪@万円建築条件・表層2M改良工事」といった情報を提供してもらえるとありがたいのですが。。。
e0229059_1225674.jpg

「女心と秋の空」とはよく言ったものですね。調査が終わり帰路につく頃はさっきまでの快晴が嘘のように雨が降り始めました。

by meirinsya | 2011-11-15 12:56 | 森田新町の家

20111114

朝の現場会議で鉄筋検査後のベースコンクリート打設を決定しました。

天気は曇からくずれる予報でしたが17:37現在雨は降っておらず、現場は打設作業を終え地墨を打ち終え、雨が降っても明日からの型枠作業に影響の無いところまで進みました。建築の現場では「判断」しなければならない事が多々あり、全てが上手くいく事は無いのですが、今日は良い判断が出来たと思います。

e0229059_17165669.jpg


e0229059_17171377.jpg







by meirinsya | 2011-11-14 17:51 | 螢橋の家

ストーブとスタンド

今日、事務所で暖房を初稼働させました。
トヨトミの対流型石油ストーブ「レインボー」です。
カフェなどではストーブといえば「アラジン」ですが、コストや使い易さから見れば断然こちらでしょう。(見た目で言ったら断然アラジンなのですが。。。)
e0229059_1281236.jpg

ナナイロにゆれる炎を見ているととても癒されますしモチだって焼けます。

先日たまに行くリサイクルショップで、以前から目を付けていたスタンドを購入しました。ずいぶん昔のナショナル製です。こちらもなかなかのグッドデザインです。
e0229059_1282623.jpg

事務所にやさしいひかりが2つ仲間入りしました。

by meirinsya | 2011-11-11 12:46 | atelier

20111111

今日は生憎の雨ですが、昨日までの天気模様のおかげで現場は着々と建前に向かって進んでいます。

丁張り→根切り工事→砕石転圧と進み、明日からは鉄筋工事です。来週前半は雨の予報が多いのでベースコンクリートの打設のタイミングが難しいですが、これまでに出来た日程の余裕でカバーできればと思います。

e0229059_1132324.jpg

ベースコンクリート厚は150ですが外周部、地中梁の部分はさらに150堀下げて、コンクリートの厚みを300とします。鉄筋もこの部分だけはダブル配筋となります。
e0229059_11332076.jpg


巨大なミミズは電気の引込みの為の先行配管です。
外観をすっきり見せるために、電柱から直接建築物に電線を引込まず、敷地にポールを立てて電線を受け、そこからは地中に埋設して住宅に引込みます。
歴史的景観に配慮した街並みを作ろうとするとき電柱や電線の存在を消す方法がありますが、個人住宅レベルではちょっとした配慮でスッキリ見せられると思います。
e0229059_11334531.jpg

これも基礎屋さんのちょっとした配慮なのでしょう。強くてやさしい基礎がもうすぐ出来上がります。
e0229059_113404.jpg

by meirinsya | 2011-11-11 12:02 | 螢橋の家

建築ボランティア活動

今日は所属する「大野建築業組合青年部」の活動で、大野市にある四つの児童館の修繕をおこないました。ボランティア活動自体は特にピックアップする事も無いのですが、とても素敵なモノを見られたので紹介します。

カラフルなビニールテープで装飾された跳び箱。意図して出来上がった訳では無いのが心を撃ち抜かれました。もはや機能を維持するためのデザインの枠を超えているこれが「アート」だ!なんて思いました。児童館の先生に感動を伝えると「?」って感じでしたが・・・
e0229059_154678.jpg

こちらは「四輪足こぎ車」のコース。ゆる~いフォントがたまりません。。。
e0229059_1543338.jpg

この感覚大竹伸朗さんや「このあたり」の方と共有できるのではと勝手に思い、美術館に行ってきた感覚で児童館を後にしました。

by meirinsya | 2011-11-06 15:45 | atelier

20111103

老朽化した境界が曖昧なブロック塀を取り壊し
登記上の適正な境界にL型擁壁を設置する工事

・残存擁壁の耐久性と安全性の確保
(新規の控え鉄筋設置と切断面のコンクリートによる補修)
・土地に段差がある為に起こりえる土や水の流出
(L型擁壁のジョイント部を内側から止水・ある程度の地盤面からの立上がり)
・隣人との関係
(事前の挨拶・お願い・境界確認とコミニュケーション)
e0229059_16541989.jpg

by meirinsya | 2011-11-03 17:26 | 螢橋の家