day of meirinsya architect                                                                                                                                                                          

<   2012年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧

photo

森田新町の家

御夫婦+子供1人=3人家族の為の住宅です
延べ床面積約34坪+大きな吹き抜けがあります
それぞれの部屋は吹き抜けに面して配置され
それぞれの部屋に小窓を設けています。
小窓を開けると家全体がひとつになり、どこにいても家族の存在を感じられる空間を創りました。

玄関へのアプローチはリビングとつながるウッドデッキから
e0229059_16591133.jpg

玄関の天井は高く吹き抜けと同じ板張り
ちいさなニッチに何を飾るのか楽しみ
e0229059_16581232.jpg

LDKはワンフロア
床はピンカドの無垢フローリング
e0229059_170737.jpg

リビングからの見上げ
それぞれの部屋は吹き抜けに面していてどこにいても家族を感じられる
e0229059_1703122.jpg

吹き抜けの2Fのフリースペース
カウンターの下は可動棚なので取り外してDESKとしての使用も可能
将来親子3人がここでパソコンしたり勉強したりして欲しい
e0229059_1724499.jpg

夫婦室には4帖のウォークインクローゼット
鴨居をRに施工しニッチも同様とした
e0229059_1717980.jpg

女の子のための部屋
薄いラベンダー色の壁と白の建具の組み合わせ・天井は夜になると星座が浮かび上がる
e0229059_1752296.jpg

子供室からの吹抜け
スキップフロアで出来た夫婦室との目線の違いがおもしろい
e0229059_1754712.jpg

吹抜けの窓
夏は直射日光が入ることはなく、冬は足の長い太陽光が入るように設定
e0229059_1761311.jpg

洗面室の照明はダウンライト+マリンランプ
正真正銘船舶用のマリンランプ
e0229059_177219.jpg

吹抜け天井はパインの板張り
シーリングファンが家全体の空気の流れをつくる
e0229059_1705789.jpg

洗面ボウルはコーラー社・水栓金具はデルタ社
e0229059_1774830.jpg

スイッチ・コンセントはアメリカ式(クーパー社)
e0229059_1782411.jpg

アイアンの住所表記からは施主のこだわりが伝わる
e0229059_17103497.jpg

オーダーメイドのいえ

                                                   撮影:伊藤 修二

by meirinsya | 2012-05-31 17:13 | 森田新町の家

20120207

設計スタッフを募集しています。

建築が好きな方
パソコン操作が得意な方
アーキトレンドZを使った図面が作成できる方
建築の企画・設計・監理・確認申請業務が出来る方
デザインとかアートとか好きな方
ごちゃごちゃしたのよりスカッとしている方が好きな方
小鳥が好きな方
くちうるさく無い方
プラス思考の方
狭い事務所でも加齢臭が気にならない方

など・・・いろいろ挙げたらきりがないけど。。。
要は僕のできないことをできる人と一緒にやりたいのです。

詳細はこちらまで。ハローワークでも同時募集です。



e0229059_15322912.jpg

by meirinsya | 2012-05-31 14:55 | atelier

open house

OPEN HOUSEは終了いたしました。たくさんのご来場ありがとうございました。

福井市下森田新町で建築中の「森田新町のいえ」におきまして
お客様の御厚意によりopen house(新築内覧会)を開催させて頂くこととなりました。
e0229059_16105457.jpg

今回は引越し日程の都合により急遽決定した為、ブログ・フェイスブックによる告知のみの案内になります。

当日はウッドデッキの仕上げ作業や、カメラマンによる撮影なども行いながら、ゆるめのオープンハウスとなりますが、まったく面識の無い方の見学はお断りさせていただきます。
ブログやFBで案内を見た方はその旨お伝えください。

日 程  : 5月26日(土曜日)  
時 間  : 10:00~17:00
場 所  : 福井市下森田新町17-123

福井市より国道8号線を坂井市方面に向かい「福井大橋」を渡りすぐに左折
堤防沿いをしばらく走ると右手に森田小学校が見えます。森田小学校を超えて
すぐの右手降り口を右折し、堤防沿いに左折すると「森田新町のいえ」があります
(当日のぼり旗などは設置しません)

「森田新町の家」
御夫婦+子供1人=3人家族の為の住宅です
延べ床面積約34坪+大きな吹き抜けがあります
それぞれの部屋は吹き抜けに面して配置され
それぞれの部屋に小窓を設けています。
小窓を開けると家全体がひとつになり、どこにいても家族の存在を感じられる空間を創りました。
e0229059_16471380.jpg

子供室からの借景
建築だけではいくらお金をかけても得られないものがあります。
今回も堤防の緑と空の青、季節によって変わる外部の景色をうまくお借りできたと思います。
e0229059_16503480.jpg

エントランスホールのニッチ
たくさんの応援によって完成した施主施工の壁・珪藻土塗り
これまでいくつものニッチを施工しましたが、これだけ多くの人の手で作り上げたニッチはありません
e0229059_16472918.jpg

スイッチはアメリカ式(made in usa)
e0229059_1648513.jpg

小窓に使用したガラスはチェッカーガラス(made in france)
e0229059_1648016.jpg

まさに住宅はオーダーメイドなんだと感じさせる「いえ」になりました。

by meirinsya | 2012-05-25 17:23 | 森田新町の家

NEWS

川端建築事務所が設計・施工させていただきました

「螢橋のいえ」がTOYOキッチンのスタジオニュースで取り上げられています

ナチュラルな木の質感の中にステンレスのキッチンを据えるだけで、
お互いを邪魔することなく引き立たせます。
余計な装飾を省いたシンプルな設計です。

モザイクタイルはイタリアの職人が手作業で焼き上げたもので、
形や厚みが微妙に違うことで光の反射の仕方が違いとても綺麗な色を出します。

TOYO KITCHEN STUDIO NEWS

by meirinsya | 2012-05-22 10:21 | news

NEWS

川端建築事務所がお手伝いさせていただいた

cafe chotto       
cafe soleil   

福井のWebマガジン「天晴本舗」にて紹介されています。

数あるカフェの中から2店舗同時に取り上げられるのはなかなかないことだと思いますし、2つのそれぞれ違った雰囲気や魅力が感じ取れます。

嬉しいコトです!!

「天晴本舗WEBマガジン」

by meirinsya | 2012-05-22 00:31 | news

すみれさん1歳

5月11日はすみれさんの1歳のお誕生日でした。

e0229059_1022910.jpg



立派な下の前歯と、まだ生え始めたばかりの上の歯で両手にもったチキンを交互にモグモグします。

プレートにのってる「アンパンマンのチョコパン」をそのままガブっといきます。両手のチキンは離しません。

お母さんが作ってくれた「キティーちゃんのバースディケーキ」はその出来栄えを評価するスキも与えずド真ん中からムシャムシャ食べました。

プレゼントの「楽器絵本」の音楽を流すと、リズムに合せ体を左右にゆすります。

お兄ちゃんのおさがりのパジャマがとてもよく似合います。

シャフリングベイビーなのでおしりでジャンプして進みます。たまにハイハイもします。

自分で立ち上がってバランスをとりますがやっぱり「しりもち」をつきます。

かくれて階段を2段あがったことがあります。

食器だなの一番下の扉を開けて、ビンとか袋とかを全部出します。

ふわっとしたくせっ毛です。

こちょこちょしたり、ばぁ!したり、頭を胸元にこすりつけたりするとよく笑います。

ほっぺをぶつけてあおくなっています。

お母さんをみてお化粧のマネをします。

ご飯中にちゃぶ台の上に必ずあがろうとします、あがります。でもおりることはできません。

「バイバイ」と「いただきます」と「おいしー」と「ハーイ!」ができます。

「アンパンマン」を「マンマンマン」って言えます。

ハミガキが大好きです。シャンプーも大好きです。お兄ちゃんも大好きです。

お兄ちゃんが「夢」を見て夜中に声をだして笑うと、一緒に笑いだします。

お兄ちゃんにちょっかいをだします。けられます。が、結構がまん強いです。

お兄ちゃんの持っているモノを欲しがります。かわりのモノを渡しますが投げつけます。

お兄ちゃんはお兄ちゃんになって1年が経ち、すっかりお兄ちゃんです。

「お兄ちゃんやで我慢しなさい!」なんて言ったことないのに、我慢してるなって感じる時がたまにあります。
少しかわいそうになります。

でもふだんは「なつおさん」です。まだまだ子供です。もうすぐ5歳です。

いつもこの笑顔に癒されています。

e0229059_1030478.jpg

by meirinsya | 2012-05-11 00:01 | day

GW

今年のGWはとても長かったようですね。
僕はGW前に1日、最終日に1日おやすみして一生懸命子供たちと遊びました。

石川県にある(ふれあい昆虫館)です。
ナツオくんが最近昆虫にハマり出しているので行こうと決めたのですが僕もすごく楽しめました。色とりどりの蝶々や蛾の標本や、カブトムシ、ゴキブリまであらゆる昆虫を見ることができる博物館です。「蝶の園」?では何万羽という蝶が舞っており、草花の緑と相まってとても美しく素敵な空間でした。
e0229059_18482141.jpg
e0229059_18483952.jpg
e0229059_18484878.jpg


最終日には愛知県の(モンキーパーク)へ
岡本太郎の「若い太陽の塔」が隣接するテーマパークです。
僕は「若い~」が目的の一つでしたが、遊園地の中には古いながらも味のある遊具(乗り物)が沢山あり、こちらでも楽しませて頂きました。なかでもダブルデッキのメリーゴーランドはとても綺麗で雰囲気が良く乗るよりもずっと見てたいと感じました。

e0229059_18494211.jpg
e0229059_18495276.jpg
e0229059_1850169.jpg

by meirinsya | 2012-05-07 18:47 | day

20120507

「森田新町の家」のGWは施主自らの「珪藻土セルフビルド」です。
最初、塗装屋さんに指導をしていただいて、養生→パテ→シーラー→珪藻土塗りの工程を繰り返します。
ご夫妻は仕事の役割を決め、互いに助言し合いながら黙々と作業を続けます。
大変な作業ですが、コストカットというメリットよりも、自分の家を自分で仕上げていく喜びや愛着が湧いてくる感覚を感じ取れるメリットの方が格段に大きい気がしています。
e0229059_19165484.jpg
e0229059_19161627.jpg
e0229059_19162615.jpg

ある程度時間を重ねるとアールの壁だって塗れるようになっていました。
出来上がった時の感動はきっと素晴らしいことでしょう。

by meirinsya | 2012-05-07 18:15 | 森田新町の家